【寄稿】 ピョンヤンを、第二のヒロシマ・ナガサキにさせないために私たちは何をなすべきか。

-朝鮮の水爆実験について考える-

2016・1・12 韓統連大阪本部 金昌五(キムチャンオ)

●朝鮮政府が「水爆実験に成功」と発表

朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮と略す)は、2016年1月6日午前10時、政府声明を通して、初の水爆実験に成功したと発表した。

過去3回の核実験は、いずれも事前に予告(警告)された上で実施されたが、今回は事前にまったく知らされなかったこともあり、その衝撃度は極めて大きかった。また、過去3回の核実験は原爆実験であったのに対して4回目となる今回の核実験は、原爆とは桁違いの破壊力を持つ水爆実験であったことによる衝撃も大きかった。

以降、日本のマスコミは連日これをとりあげ、朝鮮政府を非難し、朝鮮に対するさらなる制裁の強化を求める声は日本社会を覆い尽くしているかのようだ。しかし、果たして、朝鮮を非難し、朝鮮に対する制裁を強化することで問題は解決するのか。

多くの識者は、過去長年にわたる朝鮮に対する経済制裁が効力を発揮しなかったことを認めており、追加制裁による効果も期待できないと認めている。その上で、ただただ「制裁強化」を主張しているのは、まるで思考停止に陥っているかのようだ。

●「制裁の強化」で問題は解決するのか

続きを読む →

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る