4月革命精神で民主主義と平和を成し遂げよう!

19024344_YJW_9835【民衆の声 2016/4/19】

4月革命56周年を迎えた19日、ソウル市内にある4・19民主墓地で4月革命会と民主労総・韓国進歩連帯の主催で「4月革命56周年民族民主運動団体合同参拝式」が開かれ、「朴槿恵政権に対抗して4月革命精神で民主主義と平和を成し遂げる」ことを確認した。

この日、参拝者は宣言文を通じ「朴槿恵政権の反民主・反民生・反統一の暴政が続いている中、私たちは歴史的な4月革命56周年を新しい希望で迎えた」とし、「今年を必ず朴槿恵政権審判の年にするために力強く闘争しよう」と確認、▲戦争も辞さない対北敵対政策阻止・平和協定実現、▲セウォル号惨事真相究明責任者処罰、▲労働改悪阻止・民衆生存権守護、▲国民監視法であるテロ防止法廃棄などを決議した。

ハン・チュンモク韓国進歩連帯常任代表は「4月13日の総選挙に向け不安と敗北主義が広まったが、市民の団結した力で国民が勝利した」と述べながら、「しかし、まだ半分の勝利だ。4月革命の烈士の意を継承して労働者・農民・貧民・青年学生が共にし、半分の勝利を完全な勝利にしなければならない」と訴えた。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る