2016釜山民衆大会「朴槿恵政権退陣」要求

19102135_dsc_3431 【民衆の声 2016/10/20】

民主労総釜山本部など釜山地域36団体で構成される「民衆総決起釜山準備委員会」は19日、釜山市内で「行こう!民衆総決起」というテーマで「2016釜山民衆大会」を開催した。

去る9月、準備委発足式を持って「与少野大国会でも民心を冷遇し、反民主・反民生・反平和へと暴走をしている朴槿恵政府に対抗して、大規模集会を開く」と予告していた。

11月に開かれる民衆総決起の事前地域集会性格であるこの日の集会には、1200人余名の釜山市民が参加した。 参加者は「白ナムギ農民国家暴力、朴槿恵政権退陣しろ」など政府に対して強力な批判を吐き出した。

また、労働界の相次ぐストに対する支持という意味で「労働改悪-成果退出制完全廃棄! ゼネスト闘争勝利!」と書かれたプラカードも目立った。この他に▲セウォル号特調委延長、▲原発新古里5・6号機建設白紙化、▲最低賃金1万ウォン実現、▲韓半島へのサード及び生物化学実験室設置反対など各種要求案を前に出した。

大会では決議文が発表され「全国津々浦々、どん底に陥った国民の号泣の声の終わりを知らせなければならない。皆が集まる民衆総決起で殺人政権、腐敗政権、朴槿恵政権を退陣させよう」と訴えた。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る