連席会議北側準備員会 11月末 実務会議提案

【統一ニュース 2016/11/4】

連席会議北側準備委員会は、来年3月1日に開催を目標に推進することにした「全民族的な統一大会合」の南・北・海外実務会議を、11月末中国・瀋陽で開こうと提案した。

連席会議北側準備委は3日、連席会議南側推進企画団と連席会議海外側準備委宛に送った提案書で「私たちは10・4宣言発表9周年を迎えて進行された討論会で決議した通り、全民族的な統一大会合を積極的に推進するためのより具体的な問題を協議するため、11月末中国・瀋陽で、北・南・海外実務会議を進めようということを提案する」と明らかにした。

会議の案件では「去る10・4討論会の時に南側で提起された名称・議題・往来経路などと関連した問題をはじめ全民族的な統一大会合の盛大な開催と関連した諸般問題に対して協議・確定と、この機会に北と南の階層別団体間で議論されてきた統一会合と関連した問題に対しても協議すれば良い」とした。

また「実務会議に北側準備委構成員と共に労働者・農民・青年学生・女性など階層別団体と朝鮮仏教徒連盟中央委員会メンバーが参加するので、南側と海外側でも該当団体構成員も共に参加してほしい」と要請した。

一方、6・15米国委員会事務局はこの日、6・15海外側委員会から伝達されたとし、統一ニュースに「南・北・海外青年学生団体共同決議文」を送ってきた。

6・15南側青学本部によれば先月23日、北側6・15青学分科委はFAXを通じて共同決議文北側草案を送ってきて、これに対し6・15南側青学本部は返信FAX送信のために去る1日、統一部に北朝鮮住民接触申告をしたが、統一部は直ちに受理を拒否の通知を出した。

共同決議文は1929年11月3日、光州学生運動を記念して制定された「学生の日」87周年を迎えて、6・15南側委青学本部、北側委青学分科委員会、海外側青学準備委員会の共同名義で発表した。

共同決議文は、▲日本の植民支配時代の犯罪に対する謝罪と賠償、▲日本の歴史わい曲と独島強奪企図、軍国主義復活と再侵略策動排撃、▲在日同胞に対する弾圧阻止などを促した。

また「近い時期に‘朝鮮青年統一大会合’を必ず開催」と「このために11月下旬、または合意する時期に南・北・海外青年学生代表の実務接触を進め、青年統一大会合を推進するための諸般実践的問題を協議していく」と明らかにした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る