街頭に出た30万群衆 強力な「朴槿恵退陣」民心を確認

【民衆の声 2016/11/7】

5日、ソウル光化門広場で開かれた大規模ie002046501_pht集会に20万人余りの大規模な人波が集まり、 始終一貫「朴槿恵退陣」を叫んだ。

この日「集まろう!怒ろう!辞めろ!朴槿恵第2次汎国民行動」に集結した20万人余りは当初の予想をはるかに越える人波であった。主催側は最大10万人余りが集まるものと展望した。釜山と大田など各地の都心に出てきた人波を全て合わせれば30万人余りに達した。

今回の大規模集会では「朴槿恵大統領を拒否する」という政権出帆以後、最も強力なメッセージが明らかに表現された。参加者のスローガンとプラカードには「朴槿恵退陣」「朴槿恵下野」で一貫した。1987年直選制改憲以後「大統領退陣」スローガンがこのように一貫して鳴り響いたのは初めてだ。

朴槿恵政府出帆以後、統合進歩党解散局面、ソン・ワンジョン リストで現れた大規模政界の実力者不正、国家情報院監視・盗聴疑惑、歴史教科書国定化強行などで危機を体験した民心は、昨年末の民衆総決起大会を基点に「反独裁」水準から「国政壟断」事態をたどりながら「退陣要求」に至った。

組織されたデモ隊列ではなく、自発的な市民の参加が明確に目についた集会であった。 ベビーカーを押して出てきた夫婦から、制服を着た中・高校生、高齢者まで多様な階層の市民が自発的に街に出てきた。

息子と共に集会参加のために来たチェ・スンユンさんは、「息子に民主主義の正しい教育をさせるために参加した」と述べながら、「息子に人々が怒れば、世の中が変わるということを見せてあげたい」と話した。

今回の集会を主導した民衆陣営の自信も高まった。市民の自発的な参加世論も急激に広がり、12日にある民衆総決起大会には、より多くの人波が集まるという展望が出てきている。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る