民衆総決起闘争本部 新年2回の大規模集会を予告

【民衆の声 2017/1/10】

民衆総決起闘争本部が新年2回の大規模集会を開き、朴槿恵政権の直ちに退陣と積弊清算、憲法裁判所の早急な弾劾判決などを促す計画だ。

民衆総決起闘争本部は10日、ソウル市内の民主労総本部で記者会見を行い「朴槿恵政権就任日である来月25日、朴大統領の早期弾劾を要求する大規模集会を開催する計画」と明らかにした。

闘争本部は集中集会に先立ち1月21日、光化門で進行される第13回汎国民行動の事前集会形式で決議大会を開いて、朴槿恵1月早期弾劾審判と2017年民衆の要求実現を促す。同月26日には全国同時多発的「旧正月を迎え全国同時帰郷宣伝活動」を広げる。

これらは「のべ参加者が1千万に達する国民が広場に集まり、圧倒的な差で弾劾まで可決されたが、朴槿恵は相変らず弾劾案棄却を試み時間がかかっている」として、大規模集会を開く理由に対して説明した。

また民衆総決起闘争本部は「キャンドルで現われた国民の要求が拒否されている現実に対抗して、朴槿恵直ちに退陣と憲法裁判所の早急な弾劾引用、積弊清算、民衆総決起13大要求案貫徹のための闘争に出る」としながら、「先週末、光化門で“朴槿恵拘束”’を叫んで焼身したジョンウォン僧侶と国民に約束する。キャンドルの民意が貫徹されるその日まで総決起は止まらない」と強調した。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る