早期弾劾 野圏総力闘争 予告

【民衆の声 2017/2/8】

野圏は憲法裁判所の早急な弾劾判決のための共助に再び出た。

共に民主党の秋美愛、国民の党の朴チウォン、正義党の沈サンジョン代表は8日、国会で会合を持って現在の状況を共有した後「憲法裁判所は、李ジョンミ裁判官の退任前に弾劾審判を下さなければならない」と促した。

これらは「史上類例がない国政壟断による弾劾審判が遅れ、国民の心配と不安が大きくなっている。 朴大統領はその間公正な審判に臨むのではなく、憲法裁判所の正常な弾劾審判を無力化している」とし、「今、大韓民国を正常化する重大な責任が憲法裁判所にある」と明らかにした。

また「特検捜査が生ぬるく、新しい捜査要因が発生して、特検捜査延長がなされなければならない」とし、「特検もすでに捜査期限延長必要性を話している。黄ギョアン大統領権限代行はこれを直ちに承認しなければならない」と促した。

野圏大統領候補も「大統領選挙より弾劾が先」という声を高め始めた。

民主党の文ジェイン前代表は「政界はもう少し弾劾政局に集中して、また、キャンドル集会に参加している市民もキャンドルをさらに高く掲げ、弾劾が必ず貫徹されるよう力を集めていかなければならない」と話した。

民主党と正義党は来る11日、光化門広場で開かれるキャンドル集会に集中する方針だ。 秋代表はこの日最高位会議で「11日のキャンドル集会を基点に、早期弾劾と特検延長を促す総力闘争を国民と共に展開する」と明らかにした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る