セウォル号惨事 4・16連帯 朴槿恵拘束に対する論評(全文)

【4・16連帯HP 2017/3/31】

朴槿恵が拘束された。セウォル号が引き揚げされ、セウォル号惨事1081日が経過して朴槿恵が拘束された。真実はこのように偽りに勝つ。

今、2014年4月16日に沈没した船体が引き揚げられ、木浦に向かっている。

セウォル号惨事は朴槿恵政権執権初期に起きた。冷酷な恐怖政治の入口だった。なぜ救助しなかったかを尋ねる犠牲者の家族に、朴槿恵政権は公安の激しい風を吹かせた。しかし、犠牲者の家族は「我慢しなさい」という指示に従わなかった。喪失の海から歩いて出て、黙々と3年間闘った。

朴槿恵拘束は真相究明の第一歩だ。

証拠隠滅の恐れがある犯罪者を拘束するのは当然だ。拘束をはじめ徹底的に調査して、処罰して真実を明らかにしなければならない。真実を隠した黄教安とウ・ビョンウ、そして海上警察と海水部の全ての責任者も全員拘束して処罰しなければならない。そして、執拗な妨害を受けたセウォル号惨事真相究明が初めてまともに進められなければならない。

私たちは真実の証明であるセウォル号を通じて明らかにするだろう。帰って来られない家族を必ず探すだろう。

304人の犠牲者と家族の絶え間ない歩みが今日を作った。

哀悼と喪失の前に沈黙しなかった市民が野蛮の時代を終わらせている。闇は光に勝つことはできない。偽りは真実に勝つことはできない。

2017年3月31日

4月16日の約束国民連帯(4・16連帯)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る