朴槿恵政権退陣非常国民行動が解散

【民衆の声 2017/5/24】

23回、朴槿恵政権退陣キャンドルを率いた「朴槿恵政権退陣非常国民行動」が大長征の終止符を打った。

退陣行動は24日、ソウルプレスセンターで記者会見を開き「朴槿恵政権退陣という役目と役割をつくしたので国民に解散を宣言する」と明らかにした。

退陣行動は「犯罪を否認して持ちこたえた朴槿恵は1700万キャンドルの前についに罷免され、拘束された」”として「怒った民心、正義を熱望する民心が最高の権力であることを遺憾なく見せた歴史であった」と評した。

この日、退陣行動はキャンドル集会参加人員推計値と収益金及び財政運用計画などについても公開した。退陣行動が地下鉄輸送分担率と現場確認などを比較分析した結果、昨年10月29日に開かれた第1回集会から今年4月29日に開かれた第23回集会まで延べ人数1684万8000人が参加したと集計した。

収益及び支出に関連して退陣行動は、昨年10月29日から今年5月12日まで口座・現場募金及びその他収入で集まったお金が約39億8000万ウォンほどであり、キャンドル集会を行う過程で約32億1000万ウォンが支出されたと明らかにした。

退陣行動は今後、白書編纂とメディア記録事業などキャンドル抗争を記憶するための事業などを継続する予定だ。残った予算約7億7000万ウォンほどはキャンドル抗争記憶事業と積弊清算6大当面懸案闘争支援、光化門広場使用料などに使われる予定だ。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る