6・15民族共同行事 分散開催

【民プラス 2017/6/9】

6・15南側委員会は、今年6・15宣言記念民族共同行事を南・北・海外がそれぞれ分散して開催するという立場を9日発表した。

6・15南側委員会はこの日、記者会見で6・15南側委員会が分散開催を北と海外側に提案したという点を明確にして、決定理由を明らかにした。

主な理由は▲文在寅政府の民族共同行事保障意志不足、▲統一部長官の人選遅延及び対北担当である大統領府安保室第2次長の不在、▲ピョンヤン行きチャーター機およびその他実務技術的問題に要約される。

「北側が開城から、ピョンヤンに行事場所所を移したのが共同行事失敗に終わった理由ではないのか」という質問に対し、李スンファン共同代表は「初めから南側委はピョンヤンを提案し、開城工業団地再開などの象徴的な意味を活かして開城に変更した」と経過過程を説明して、「通信及び施設などの理由で、ピョンヤンで開催しようという北側意見に対して南側委も同意した」として、場所変更が分散開催の理由ではないことを明確にした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る