韓統連 平昌南北共同応援代表団出征式

【統一ニュース 2018/2/5】

在日韓国民主統一連合(韓統連)は4日、東京都内で「平昌オリンピック南北共同応援代表団出征式」を開いた。出征式には代表団を含め韓統連各地方幹部と会員団体会員たちが参加した。

参加者は、平昌オリンピックを契機に作られた平和を継続させなければなければならないと強調して「平昌はとても寒いとしても、南北共同応援団の力強い応援で熱くなる」と強調した。

南北共同応援代表団は金知栄民主女性会会長を団長に、金承民韓青委員長(副団長)、李俊一副委員長、韓成祐韓青京都本部委員長、許ソンリョン氏、白スエ氏、金里紗学生協会長(副団長)、安ミサ副会長、高ソラ氏の合計9人で構成された。代表団は2月8日~12日の日程で南北共同応援団に合流する。

出征式では、孫亨根議長が平昌オリンピックの意義について説明し「北朝鮮の参加で平昌オリンピックが平和の祭りになったことを、民族の一員として本当にうれしい。文在寅大統領が語ったように、私たち皆が平和の火種を守って育てなければならない」と強調した。

また「誰よりも平和と統一を渇望する私たちの願いを込めて、代表団を南北共同応援団に派遣することにした」と代表団派遣の意義を強調して、「平昌オリンピックの大成功を祈り、代表団の活躍を期待する」と語った。

金知栄団長は「私たち代表団は、同志の皆さんの熱い心と共に南北共同応援団に合流し、南北海外の団結した姿と私たちの民族は一つということを世界に力強く訴えるだろう。平昌オリンピックを必ず成功させ、韓半島に平和が無事に到着するよう努力する」と話した。

金承民副団長は「オリンピックを通じ青年たちが統一に対する実感を持つことで、統一運動を行う主体を作ることであり、海外も6・15時代の主人公として役割をつくしていくよう韓青が力一杯努力する」と語った。

許ソンニョ団員は「南北が同胞愛を互いに分けることができる機会になり、期待で胸が熱くなる。在日同胞青年として熱心に応援する」と決意を表明した。白スエ団員は「統一運動の現場に直接参加することになり本当にうれしい。全身で統一を感じたい」と抱負を語った。

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る