6・15青学本部など光復73周年青年学生大会 開く

【統一ニュース 2018/8/11】

6・15青学本部、6・15日本地域委員会青年学生協議会をはじめ韓国と日本の青年学生団体は11日午前、日本大使館前で「独島領有権主張、韓半島平和妨害、過去の歴史謝罪のない日本糾弾、光復73周年青年学生大会」を開き、韓半島の平和の雰囲気に逆行している日本政府を糾弾した。

最近、日本は朝日首脳会談を開くという意向を明らかにしながらも、日本人拉致問題の進展があってこそ朝日首脳会談が開かれ、北朝鮮が核とミサイルを完全に廃棄してこそ、制裁が緩和され、拉致問題が解決されてこそ、日本が経済協力を行うことができるという立場を明らかにした。

そして、韓国の独島防御訓練に抗議して、ジャカルタで開かれるアジア競技大会で、南北が独島が入った統一旗を使わないよう要求した。

キム・ソングォン6・15青学本部常任代表は大会辞を通じ「板門店宣言を里程標として、私たちは過ぎ去った時代とは違った新しい時代、新しい歴史を作り出している」としながら「しかし、日本だけはこのような流れが例外だとし、明白な私たちの地、独島に対する領有権を主張して、韓半島の平和を邪魔して、過去の歴史に対する謝罪をしていない。植民地支配に対する反省なしに、私たち民族の平和と統一を妨害する日本は、光復以前の侵略者日帝と変わらない」と主張した。

続いて、金承民 在日韓国青年同盟中央本部委員長は「4・27時代で初めて迎える光復節である今日、私たち南と北・海外全ての同胞が、祖国と民族に真の光を取り戻すために進まなければならない」と述べ、光を取り戻すことは「日帝植民地支配と戦争犯罪を一日も早く清算して、民族の尊厳と自主権を回復すること。歴史的な板門店宣言を徹底的に履行して、新しい統一時代に進むこと」と明らかにした。

それとともに「青年学生が民族全体の統一大行進の先頭に立ち、南北・海外全ての同胞の力で分断時代の積弊を一日も早く清算して、新しい時代に果敢に進もう」と声を高めた。

大会参加者は共同決議文を通じ「板門店宣言を自主統一の里程標として宣言履行のための実践を広げていくことであり、これを邪魔する勢力を絶対に容認しない」「私たちの領土である独島を守護して、日本の厚顔無恥な態度を断罪していく」「団結した力で民族の念願である祖国統一を成し遂げる」と決議した。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る