3・1運動100周年を迎え 韓統連関係者10余年ぶりに入国

【統一ニュース 2019/2/20】

3・1運動100年を迎えて海外民主統一人士がソウルを訪問する。特に、在日韓国民主統一連合(韓統連)関係者50人余りが入国する予定だ。

海外民主統一人士帰国推進委員会と6・15南側委員会は20日、「キャンドル抗争と4・27統一時代を迎えて、海外民主統一人士が3・1運動100周年に合わせて母国を訪問する」と明らかにした。

母国訪問団は6・15海外側委員会、6・15米国委員会、6・15欧州委員会などで活動する人士で、ほとんどが朴正煕政権時代から入国が不許可になり、金大中政権、盧武鉉政権時代に一時的に訪問したことがある。

特に、政府から反国家団体に規定された在日韓国民主統一連合(韓統連)関係者50人余りが10余年ぶりに母国を訪問する。

母国訪問団は2月28日、ソウル市内にある女性プラザで公式歓迎晩餐に参加し、3月1日には、ソウル光化門広場で開かれる3・1 100年汎国民大会などに参加する。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る