数字ばかり主張する自由韓国党への怒り 第8回キャンドル文化祭

数字ばかり主張する自由韓国党への怒り 第8回キャンドル文化祭

【民衆の声 2019/10/5】

5日、「検察改革司法積弊清算汎国民市民連帯」などの主催で「第8回司法積弊清算のための検察改革キャンドル文化祭」が開かれた。

会場近隣には集会開始6時間前の正午から人々が集まり始めた。現場にはソウル市民だけでなく釜山・大邱・光州など全国各地市民が観光バスを貸切にして参加した。

主催側は参加人員を公開しないと明らかにした。これらが去る28日、検察改革集会に参加した人員が200万人以上だと推算したが、保守野党はフェイクニュースとして参加人員は5万~10万人に過ぎないと主張した。さらに自由韓国党では200万キャンドルだと報道した言論を虚偽事実流布で告訴しようという声まで出てきた。

キャンドル文化祭に参加したある女性は「国民が要求する検察改革に対しては一言もなく、集会参加人数だけ主張する自由韓国党の態度に腹が立ち、参加することになった」と話した。

この日、最も人気があった場面は太極旗パフォーマンスであった。市民は頭の上に大型太極旗を掲げたり、太極旗が描かれたプラカードを持ち「太極旗部隊から太極旗を取り戻す」と叫んだ。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る