連席会議海外側委員会の提案に 北側は積極同意

【統一ニュース 2016/9/15】

連席会議海外側準備委員会が13日、「10・4宣言発表9周年記念 南・北・海外共同討論会(仮)」を南側と北側に提案したことに対して14日、連席会議北側準備委員会が積極的な同意意思を明らかにした。

朝鮮半島の平和と自主統一のための北・南・海外諸政党、団体、個別人士の連席会議北側準備委員会は14日、連席会議海外側準備委員会宛に返信を送り、「10・4宣言発表9周年を迎えて、北・南・海外共同討論会を進めることに対して積極的に同意する」とし、「討論会が、全ての同胞の期待と関心の中で意義あるものに進行するために、各方面で努力する」と明らかにした。

また連席会議北側準備委員会は、「もう10・4までは期間がいくらも残っていないので、討論会と関連した諸般問題がより具体的に協議されれば」と明らかにした。

連席会議海外側委員会の提案に北側が積極的に呼応し、6・15南側委員会連席会議推進企画団の反応が注目される。南側連席会議推進企画団関係者は15日、「海外側提案はすでに受けた」と確認したが、「南側内ではまだ公式に議論になっていない状況」とだけ話した。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

10・4宣言発表9周年記念 南・北・海外共同討論会(仮)提案文

【民族通信HP 2016/9/15】

6・15共同宣言実践南側委員会連席会議推進企画団、朝鮮半島の20160914145355_vmohfrbo平和と自主統一のための北・南・海外諸政党、団体、個別人士の連席会議北側準備委員会 様

祖国半島の平和と自主統一のための南・北・海外諸政党、団体、個別人士の連席会議開催のために、渾身の努力を傾けている南側推進企画団と北側準備委員会に熱い連帯の挨拶を送ります。

民族の和解と団結、平和と統一を望む全ての同胞の一途な要求にもかかわらず、今、祖国半島情勢は言葉どおり戦争前夜を彷彿させます。

北の核弾頭爆発実験に対して、米国と南側当局は対話と交渉を継続拒否し、制裁と軍事的圧力で北朝鮮政権を圧殺するといって情勢を極端に引っ張っています。

南北関係は元に戻すことはできない状況に置かれており、継続して体制対決を追求するならば、戦争に突き進むことになります。

私たちは、このような時であるほど祖国の平和を守護し、統一の転換的局面を開くために、より一層奮発しなければなければならないと考えます。

近く、祖国統一の実践的綱領である10・4宣言発表9周年を迎えることになります。

私たちは戦争気運が日増しに高まる非常に重大な事態を民族の団結した力で打開し、祖国統一の新しい出路を開こうとする一念から、歴史的な10・4宣言発表9周年に際して、南・北・海外各界人士の討論会を10月上旬頃に中国・瀋陽、または便利な場所で進めることを丁重に提案します。

討論会名称は「10・4宣言発表9周年記念 南・北・海外共同討論会(仮)」にするものの、南・北・海外が合意して決め、討論会の主題は祖国半島の平和と統一、南北関係改善などとし、討論会に連席会議準備機構関係者だけでなく、6・15共同宣言を支持する南・北・海外の人望がある各界人士が多数参加するようにできればと思います。

私たちは今日の危機状況で全ての同胞の統一意志を集め、祖国の平和と南北関係改善、自主統一の活路を開くために努力している貴委員会が、私たちの提案に肯定的に呼応するという期待と確信を表明します。

 

2016年9月13日

祖国半島の平和と自主統一のための南・北・海外諸政党・団体・個別人士の連席会議

海外側準備委員会

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ペク・ナムギ農民 国家暴力発生300日文化祭

【民衆の声 2016/9/8】

ペク・ナムギ農民が重体に陥って300日目である8日08090020__hul8923、ペク・ナムギ対策委はソウル大学路マロニエ公園で「国家暴力発生300日文化祭」を開いた。文化祭にはセウォル号惨事遺族らと市民200人余りが参加した。これらは「真相究明聴聞会を徹底して実施しろ」と促した。 9月12日、ペク・ナムギ農民国会聴聞会が開かれる。

チョン・ヒョンチャン カトリック農民会会長は「この間、多くの国民と共に私たちのペク・ナムギ農民を生かしなさい、責任者を処罰しろと全国各地で声帯がつぶれるまで叫んだが、責任者は300日が経過しても一言もない」と話した。

彼は「12日に聴聞会を開くことになった。玉虫色の聴聞会ではなく、必ず真実と誤りを明らかにする聴聞会になるべきだ」と強調した。

この日の文化祭は、青年たちの律動で雰囲気を明らかにした。あわせて416合唱団の公演、慶煕大学プンムル隊の公演などが行われた。

一方、12日に開かれる聴聞会で、野党は警察の放水銃使用に対する違法性などを積極的に提起する予定だ。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

星州住民など 米国大使館に抗議書簡 伝達

【民衆の声 2016/9/8】

星州サード配備撤回闘争委員会が、駐韓米大使館に「韓半島へのサード配備反対」書簡を伝達した。

闘争委は8日、キム・アンス氏など共同委員長名義の抗議書簡を通じて「ソンサン砲台だけでなくチョジョン面ゴルフ施設にもサード配備を反対する。進んで韓国のどこにもサードを配備することも反対するという立場を明確に伝える」と明らかにした。

あわせて「星州の後に続いて金泉の住民たちも抗議の行動に立ちあがり、連日キャンドル集会を継続しており、週末ごとに全国50余りの都市で抗議の行動が行われている」と強調した。

書簡を提出したキム・チュンファン住民代表は「わが政府はサードで北核を迎撃すると強調するが、事実上不可能だということが次第に立証されている。サードは事実上、米国政府の利益のために、米国の防御のための武器」とし、「私たち住民たちは、米国のためのサード配備に反対する」と話した。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

習近平国家主席 朴大統領に「サード配備反対」表明

【民衆の声 2016/9/5】

習近平国家主席が5日、朴槿恵大統領にサード韓国配備に反対する立場を明らかにした。

中国新華社通信はこの日、英文記事を通じて 習主席がG20首脳会議を契機に開かれた韓中首脳会談で、このような立場を明らかにしたと報道した。

報道によれば習主席は、朴大統領に「この問題を不適切に処理すれば、地域の安定に役に立たず、紛争を激化することになる」と話した。

先立って習主席は3日、オバマ大統領との首脳会談でも「中国は米国がサードシステムを韓国に配備するのに反対する」とし、「米国側に中国の戦略的安全(安保)利益を実質的に尊重することを要求する」と主張した。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る