文大統領 10・4宣言10周年契機に離散家族再会事業 提案

【統一ニュース 2017/7/6】

「今年は10・4宣言10周年です。 また10月4日は私たちの民族の大きい名節である秋夕です。離散家族再会事業を開催するならば、意味のある出発になるでしょう」。

文在寅大統領が10・4宣言10周年及び秋夕を契機に離散家族再会を北側に提案した。 このための南北赤十字会談開催を希望した。

ドイツを訪問中の文在寅大統領は7日、演説で「新韓半島平和ビジョン」を明らかにした。2000年金大中大統領の「ベルリン宣言」、2014年朴槿恵前大統領の「ドレスデン宣言」に続くドイツでの3回目の対北宣言だ。

文大統領は「新韓半島平和ビジョン」で第1回、第2回南北首脳会談、9・19共同声明などに言及して「大韓民国のより主導的な役割を通じて、韓半島に平和体制を構築する大胆な旅程を始めようと思う」と明らかにした。

このためにまず、韓半島冷戦構造解体と恒久的平和定着のために▲平和追求のための6・15宣言と10・4宣言に回帰、▲韓半島非核化のための北朝鮮の核挑発全面中止及び両者対話、多者対話、▲平和体制構築のための南北合意法制化推進、▲非政治的交流協力事業推進など、文政府の対北政策を説明した。

文大統領は「わが政府は以上の政策方向を確かに堅持して、実践する準備ができている」とし、「先に容易なことから始めていくことを北朝鮮に提案する」と4項目の対北提案を提示した。

第1に、今年10・4宣言10周年及び秋夕を迎え、南北離散家族再会を提案。「北朝鮮がより一歩を進む用意があるならば、今回の離散家族再会に墓参訪問まで含めることを提案する」とし、このために南北赤十字会談開催を希望した。

2番目に去る6月末、世界テコンドー選手権大会で明らかにした平昌冬季オリンピックに北朝鮮の参加を再度提案した。

3番目に、今年7・27休戦協定64年を迎え、南北軍事境界線での軍事的緊張を高めさせる一切の敵対行為を中止することを提案した。

文大統領は「今のように当局間で何の接触がない状況は非常に危険だ。状況管理のための接触から始めて、意味のある対話を進展させていかなければならない」とし、「正しい条件が取りそろって、韓半島の緊張と対立局面を転換させる契機になるならば、いつどこでも金正恩委員長と会う用意がある」と明らかにした。

それとともに「もう北朝鮮が決めることだけ残った。対話の場に出てくるのも、対話の機会を蹴飛ばすのも北朝鮮が選択すること」とし、「韓半島の平和のための我が政府と国際社会の意志を、北朝鮮が重大で緊急な信号として受け入れることを期待して促す。北朝鮮の決断を期待する」と強調した。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る