韓統連大阪で取り組んだ活動

  • 韓統連セミナー2022:ウリ現代史第2回「統一か基地国家か」

    シリーズ「ウリ現代史」第2回「統一か基地国家か(1960年~65年)」が9月11日(日)、KCC会館(大阪市生野区)で開かれた。 セミナーでは、金隆司(キム・ユンサ)大阪本部代表委員が主催者挨拶を通じ「韓統連セミナーは参加した皆さんと共に学び、共有する場です。今回も積極的に意見交換をしていきましよう」と語った。 次に、金昌五(キム・チャンオ)大阪本部副代表委員が光復77周年韓統連母国訪問団(8/1[...続きを読む]

  • 7・27大阪集会:停戦協定70周年を平和協定元年にする決意固める

    朝鮮戦争休戦協定69周年を迎え、日韓平和連帯の主催で「朝鮮戦争・休戦協定締結69周年 東アジアの恒久平和の実現をめざす7・27大阪集会」が7月27日(水)、PLP会館(大阪市北区)で開かれた。 集会では、日韓平和連帯共同代表の山元一英さんが主催者挨拶を行った後、韓国進歩連帯常任代表の韓忠穆(ハン・チュンモク)さんが「尹錫悦政権下における韓日連帯運動の課題」をテーマでリモート講演を行った。 韓常任代[...続きを読む]

  • 映画観賞会:映画を鑑賞しながら参加者間の親睦と交流を深める

    韓統連大阪本部主催による初企画「映画観賞会」が7月23日(土)、韓統連大阪本部事務所で開かれた。 鑑賞会で上映された映画は「サムジンカンパニー1995」という映画で、実話をモチーフに作られた大企業の不正を暴く女性社員の活躍をコミカルに描いた内容だ。 飲食をしながら映画観賞をした後は、映画の感想や韓国時代劇の話など気軽に語りあいながら、参加者間の親睦と交流を深めた。

  • 韓統連セミナー2022:シリーズ「ウリ現代史」開催!

    韓統連大阪本部主催による韓統連セミナー2022シリーズ「ウリ現代史」第1回「解放と分断~新祖国建設に向かう怒涛の時代~」が7月17日(日)、KCC会館(大阪市生野区)で開かれた。 セミナーでは、金隆司(キム・ユンサ)韓統連大阪本部代表委員が主催者挨拶を行い「朝鮮半島の現代史は東西冷戦の中で南北が分断されるというところから始まります」と述べ、「韓統連セミナーは報告を聞くだけではなく、参加者皆さんと討[...続きを読む]

  • 第27回統一マダン生野:3年ぶりの統一マダン生野の舞台、多彩な演目で子どもも大人も楽しむ

    第27回統一マダン生野は、ハンマウムによるプンムルから舞台演目が始まりました。 次に、第1回統一マダン生野から毎回出演している文芸同大阪支部・舞踊部による朝鮮舞踊、大阪朝鮮中高級学校民族楽器部による民族楽器演奏が披露された。 続いて、金昌範実行委員長が「今、平和についていろいろ考えさせられます。私たちの祖国である南北、そして朝鮮半島と日本との間で平和を実現させるためには共に仲良くすることが求められ[...続きを読む]

1 2 11