韓統連大阪で取り組んだ活動

大弾圧を許さない裁判所包囲ぐるぐるデモ:裁判所は弾圧に加担せず、 無罪判決を下せ!

【2021/04/15】

全日建連帯労組関西地区生コン支部に対する不当弾圧、組合員への不当判決が継続される中、労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会・大阪の主催で「労働組合つぶしの大弾圧を許さない裁判所包囲ぐるぐるデモ」が4月15日(木)、中之島水上ステージ(大阪市北区)で開かれた。

デモ出発集会では、武洋一関西地区生コン支部書記長が「大資本と対決する我々の運動に恐れをなした権力弾圧による逮捕・勾留が続き、さらには不当判決も相次いでいる。しかし、関生支部はこの弾圧に屈することなく闘いを継続している。今日のデモを通じて裁判所に正しい判決を下すよう訴えよう」と挨拶した。

次に「関西生コン労組つぶしを許さない東海の会」などから連帯アピールが行われ、最後に、実行委員会・大阪の小林勝彦さん(全港湾大阪支部委員長)が「正当な労働組合活動への不当判決は許せない。必ず全員の無罪をかち取ろう」と閉会挨拶を行い、参加者は大阪地方裁判所を包囲するデモに出発した。デモ隊はコロナ対策で間隔をあけながらデモを行い「裁判所は無罪判決を下せ!」「弾圧に加担するな!」などを訴えた。