韓統連大阪で取り組んだ活動

第27回統一マダン生野:3年ぶりの統一マダン生野の舞台、多彩な演目で子どもも大人も楽しむ

【2022/06/05】

第27回統一マダン生野は、ハンマウムによるプンムルから舞台演目が始まりました。

次に、第1回統一マダン生野から毎回出演している文芸同大阪支部・舞踊部による朝鮮舞踊、大阪朝鮮中高級学校民族楽器部による民族楽器演奏が披露された。

続いて、金昌範実行委員長が「今、平和についていろいろ考えさせられます。私たちの祖国である南北、そして朝鮮半島と日本との間で平和を実現させるためには共に仲良くすることが求められています。この2年間、コロナ禍で皆さん大変だったと思いますが、今日一日、有意義に過ごしてください」と主催者挨拶を行った。

その後、火曜バンドによる歌と演奏、筋原章博生野区長の来賓挨拶、おやじバンドによるバンド演奏が行われるとともに、韓国サンケン労組を支援する大阪市民の会から、韓国で不当解雇撤回などを求めて闘っている韓国サンケン労組への支援・連帯が訴えられた。

その他にも、アジアハウス子ども劇団によるタップダンス、ハンテプンによるサムルノリ、今回初出演になる姜鍚子(カン・ソクチャ)さんの独唱が披露され、会場雰囲気を盛り上げた。

そして、第27回統一マダン生野のメインゲストとして招請したちゃんへんの演目では、参加者誰もが絶賛するジャグリングなどが披露され、会場の雰囲気は最高潮に。最後に再びハンテプンが舞台に上がり、参加者が手を取り合いながら「ウリエソウォン(私たちの願い)」を歌い、第27回統一マダン生野は終了した。

第27回統一マダン生野では多くの団体・個人の協力を得て出店が並びました。

ビールに焼肉、焼鳥、冷麺、キムパッなどの飲食店はとても盛況でした。また毎年子どもたちに人気のスーパーボールすくいなどの出店もあり、大人も子どももとても楽しんでいました。