韓統連大阪で取り組んだ活動

韓統連セミナー2022:シリーズ「ウリ現代史」開催!

【2022/07/17】

韓統連大阪本部主催による韓統連セミナー2022シリーズ「ウリ現代史」第1回「解放と分断~新祖国建設に向かう怒涛の時代~」が7月17日(日)、KCC会館(大阪市生野区)で開かれた。

セミナーでは、金隆司(キム・ユンサ)韓統連大阪本部代表委員が主催者挨拶を行い「朝鮮半島の現代史は東西冷戦の中で南北が分断されるというところから始まります」と述べ、「韓統連セミナーは報告を聞くだけではなく、参加者皆さんと討論を通じ学び、認識を深める場なので、ぜひ協力をお願いします」と語った。

次に、金昌範(キム・チャンボム)大阪本部副代表委員が報告を行った。金副代表は報告を通じ「1945年8月15日、日帝の植民地支配から解放された朝鮮は、すぐに朝鮮建国準備委員会が結成され、独立に向けた動きを加速化させたが、12月に米ソ英によるモスクワ外相会談で、5年間の信託統治が出された」と解説しながら、「信託統治についてはわい曲報道などもあり、朝鮮民衆の大半は反対の立場だった」と指摘した。
そして、第1次米ソ共同委員会の開催(1946/3)以降の右派、左派の考えと米ソの思惑、南北連席会議(1948/4)開催までの動きについて詳細に解説しながら、南北連席会議開催の意義について、「金九(キム・グ)氏など右派民族主義者が積極的に行動し、南において統一運動の根を張る大きなきっかけとなった」と語った。

報告後は活発な質疑討論と今後の行事紹介が行われ、最後に金昌五(キム・チャンオ)大阪本部副代表委員が閉会辞を述べ、「ウリ現代史」第1回は終了した。

第2回は9月11日(日)KCC会館で開かれる。