韓統連大阪で取り組んだ活動

韓統連セミナー2022:ウリ現代史第2回「統一か基地国家か」

【2022/09/11】

シリーズ「ウリ現代史」第2回「統一か基地国家か(1960年~65年)」が9月11日(日)、KCC会館(大阪市生野区)で開かれた。

セミナーでは、金隆司(キム・ユンサ)大阪本部代表委員が主催者挨拶を通じ「韓統連セミナーは参加した皆さんと共に学び、共有する場です。今回も積極的に意見交換をしていきましよう」と語った。

次に、金昌五(キム・チャンオ)大阪本部副代表委員が光復77周年韓統連母国訪問団(8/12~14)の活動報告を行った。報告では画像を活用しながら母国訪問団の活動を報告し、8月13日にソウルで開かれた「自主平和統一大会」への参加など、3年ぶりの母国訪問でかち取った成果を参加者全体で共有した。

続いて、金昌範(キム・チャンボム)大阪本部副代表委員が「統一か基地国家か」をテーマに講演を行った。金副代表は初めに4・19革命に至る背景とその後の民衆運動の発展などについて解説した。そして、朴正煕を中心とする5・16軍事クーデターと朴正煕の人物像について解説しながら「朴正煕は上昇志向が強く、変節漢で用心深い人物である」と指摘するとともに、1965年の韓日条約締結について「植民地支配の責任問題、賠償問題はじめ玉虫色の決着であり、米国の影響によるアジアの反共軍事態勢の再編へと進み、民衆不在の決着だった」と語った。

講演終了後、活発な質疑討論と10月3日に開かれる「韓国サンケン電気争議報告関西集会」のアピールが行われ、韓統連セミナーは終了した。