韓統連大阪で取り組んだ活動

韓統連セミナー「ウリ現代史」第4回「国家保安法をなくすために」

【2022/11/20】

韓統連大阪本部主催の韓統連セミナー2022シリーズ「ウリ現代史」第4回「国家保安法をなくすために」が11月20日(日)、KCC会館(大阪市生野区)で開かれた。

セミナーでは、金隆司(キム・ユンサ)韓統連大阪本部代表委員が主催者挨拶を通じ「韓国では民主化が進んでいますが、悪法中の悪法である国家保安法は未だに存在しています。国家保安法をなくすためにはどうしたらよいのか、報告と討論を通じて認識を深めていきましょう」と語った。

次に、崔誠一(チェ・ソンイル)事務局長から10月25日から28日まで、ソウルで行われた在日同胞招請事業「分断に立ち向かった人々、在日同胞との同行」の活動報告が行われ、崔事務局長は「訪韓中、国家人権委員長などに韓統連が国家保安法上の反国家団体に規定されているのは不当であり、韓統連は反国家団体ではないということを直接訴えられたことは大きな成果」と語った。

続いて、金昌範(キム・チャンボム)副代表委員が報告を行った。金副代表は国家保安法の制定から法の問題性について解説するとともに、歴代独裁政権が国家保安法を悪用して民主・統一団体・人士を弾圧してきた具体的事例を詳しく報告した。また「盧武鉉政権時代に国家保安法撤廃の気運が高まったが、保守勢力の猛反発などによって撤廃には至らなかった」と指摘した。

そして「国家保安法撤廃の説得力となる南北交流、統一運動を公開的に堂々と続けること、その構えと実践なしに国家保安法を維持しようとする勢力には打ち勝てない」とし、南北交流と統一運動の重要性が訴えられた。

報告後は質疑討論が行われ、セミナーは終了した。

この記事をSNSでシェア!