韓統連大阪で取り組んだ活動

  • 組合総研第3回教養セミナー:
    韓日関係をテーマに、金昌五副代表委員が講演

    中小企業組合総合研究所(略称:組合総研)の「第3回教養セミナー」が2月20日(木)、協同会館アソシエ(大阪市東淀川区)で行われた。 樋口万浩副理事長は開会挨拶で「本来、挨拶を行うべき組合総研理事長である関西生コン支部の武健一委員長が、現在も不当に長期拘束されているが、不当弾圧に対して闘うとともに学習も怠らないようにしよう」と呼びかけた。 続いて、金昌五(キム・チャンオ)韓統連大阪本部副代表委員が「[...続きを読む]

  • 2・11建国記念の日反対集会:
    建国の日は国民主権に反する日 オリンピックの年である前に、敗戦75年

    2月11日の建国記念の日に反対する取り組みとして「2・11“建国記念の日”反対!天皇&オリンピックによる“国民統合”NO!-“日の丸・君が代”強制もゴメンだ-(主催:“日の丸・君が代”強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク)」が2月11日(火)、大淀コミュニティーセンター(大阪市北区)で開かれた。 集会では「日の丸・君が代」強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク代表の黒[...続きを読む]

  • 韓統連生野支部新年会:
    韓統連生野支部の24年間の活動の成果を共有する

    1996年に結成され、日本で最も在日同胞が居住している生野地域で自主・民主・統一運動を行ってきた韓統連生野支部が、今年3月で活動を終了することになり、生野支部主催による最後の大衆行事として「韓統連生野支部新年会2020-ありがとう生野支部 また新たな始まりのために」が1月26日(日)、生野支部事務所で開かれた。 新年会では初めに、金隆司韓統連大阪本部代表委員が「24年間、韓統連生野支部が行ってきた[...続きを読む]

1 11 12