【声明】朴槿恵大統領の第3次国民談話を糾弾し即刻退陣を要求する!

昨日29日、朴槿恵大統領は3回目となる国民向け談話を通じて「大統領任期の短縮を含めて、進退について、国会の決定に委ねる」「与野党が議論して、その日程と法の手続きに従って、大統領職から退く」と述べ、自身の進退問題を国会に委ねることを明らかにした。

これは、ひとことで言って、高まる退陣要求の国民世論をかわし、国会で進む弾劾手続きをかく乱、回避するためにひねり出した、時間稼ぎの小賢しい術策に過ぎない。韓統連は当然これを厳しく糾弾するものである。

また、朴大統領は、検察の「朴槿恵―崔順実ゲート」捜査により、事件の共犯として歴代大統領で初めて被疑者となりながらも、談話で「国家と国民のためを思って、あらゆる努力を尽くしてきた」「いっときも個人的な利益を求めなかったし、小さな邪心も抱かず、生きてきた」とし、変わらぬ開き直りの姿勢に終始した。

いうまでもなく、「朴槿恵―崔順実ゲート」に憤激した国民の要求は、200万のキャンドルに示されたように、朴大統領の「即刻退陣」である。

今回の談話は退陣要求のキャンドルの炎にさらに油を注ぐ格好となった。「朴槿恵退陣非常国民行動」は30日に全国第1次全面ストと「市民不服従の日」キャンドル集会と大統領府前までの行進を、12月3日には第6次汎国民行動を「朴槿恵即刻退陣の日」と宣言してキャンドル集会を展開するなど、即刻退陣を求めるより強力な闘争を決定した。野党は揺らぐことなく弾劾手続きを進めると言明している。

朴大統領は国民の要求に応えて即刻退陣しなければならない。また現在、朴大統領にできることはそれだけである。民意に背いた政権の末路は歴史が示すとおりだ。韓統連は内外の闘争と固く連帯して、朴槿恵即刻退陣を実現する決意を再度明らかにする。

2016年11月30日
在日韓国民主統一連合(韓統連)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

弾劾も見通せる圏内 崩れる朴槿恵政権

【民衆の声 2016/11/27】

政界が100万キャンドルに対する応答で、朴槿恵大統領弾劾に本格突入する。これに伴い朴槿恵政権内部の葛藤・分裂が極に達し、国政の空白もより一層深刻化されるものと見られる。同時に「朴槿恵-崔順実ゲート」に対する国会国政調査と特検が実施され、政権を継続して圧迫するものと見られる。

野党は12月初旬に朴大統領弾劾訴追案を国会本会議で可決するのを目標に準備に熱を上げている。共に民主党と国民の党は協議を経て単一弾劾案を早い期間内に用意して、定期国会本会議が開かれる12月2日、または9日に票決処理しようというのに意見を集約した。

憲法は、国会議員在籍議員過半数で弾劾訴追を発議して、在籍議員3分の2以上の賛成(200議席)で弾劾を議決するようにしている。このためにはセヌリ党など与圏で最小29席の賛成が出てこなければならない。

これに対する現在の雰囲気は悪くない。セヌリ党の金ムソン前代表をはじめ非主流議員の相当数は弾劾に賛成するという立場を公開的に表わしており、非朴系中心のセヌリ党非常事態委員会の幹事を担っている黄ヨンチョル議員も27日、記者たちに「弾劾案が通過するという確信を与えることができる」として、弾劾案通過に集中すると明らかにした。

この気流により、国会本会議でセヌリ党非主流議員の賛成が実際に大挙反映される場合、遅くとも12月9日までに国会で弾劾がなされることで、朴大統領の職務も停止する。以後、憲法裁判所が6ヶ月以内に弾劾案を受け入れれば、来年夏に大統領選挙になると展望される。

しかし、国会で弾劾が可決されるといっても、野党圏と市民社会では緊張感を緩めることはできない。 憲法裁判所にボールが移り、裁判官が保守指向にある憲法裁判所がどんな判決を下すのか不透明なためだ。

これに対し「弾劾は弾劾のとおり」「キャンドルはキャンドルのとおり」朴大統領を継続して圧迫しなければならないという分析が力を増している。

一方、弾劾政局になることと同時に実施される「朴槿恵―崔順実ゲート」に対する国会国政調査と特検は、与党に負担になる一方、キャンドルの拡散につながると期待されている。

現在、朴大統領が検察調査を拒否しているだけに、真相究明されなければならない事案が多い。新しい疑惑も追加で現れるものと見られる。それだけでなく国政調査で証人に採択されている崔順実、安ジョンボム、チャ・ウンテクなど今回の事件の主な関連者が聴聞会に出席する場合、彼らの一言、行動一つが民心の行方を左右することになるものと見られる。

朴大統領弾劾過程で、与党内部の葛藤と分裂は最大化されるものと見られる。

国会で弾劾賛成の有無を基準として、セヌリ党の分裂はより一層深刻化するほかにない。セヌリ党で先に離党したナム・ギョンピル京畿道知事が27日、記者懇談会で「セヌリ党議員が弾劾賛成に対し、所信を持って歴史と民族の前に明らかにすることが重要だ」と圧迫したのも「組み分け」の一環として見ることができる。

現在のイ・ジョンヒョン代表をはじめセヌリ党親朴系指導部は辞退を拒否して、非主流の要求で招集された議員総会もボイコットしている。しかし、弾劾が国会本会議で処理されるならば、親朴指導部の主導力は喪失するほかにない。これはまもなく朴槿恵政権を支えてきた一つの軸が消えるという意味だ。

そのうえ、チェ・ジェギョン大統領府民政首席とキム・ヒョンウン法務部長官の辞任表明に伴う「権力空白」も、政権の危機をより一層深化させている。

事実、朴槿恵政権の権力空白はすでに進行中だ。朴槿恵大統領は「朴槿恵―崔順実ゲート」で拘束された安ジョンボム前政策調整首席の後続者はいなく、いわゆる「大統領府門番3人組」の席は相変らず空席だ。 今後、追加離脱者が出てくるのも注目される大きな課題だ。朴槿恵政権は追い詰められ、崖っぷちに立たされている。

 

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

商人たちも「朴槿恵下野」様々な方法で賛同

【民衆の声 2016/11/21】

「陰の実力者 国政壟断」波紋と関連、21023818_13123朴槿恵大統領下野を要求するキャンドル政局が続く中、商人も多様な方法を通じて声を出している。

21日、釜山海雲台区にあるホテル109では、ホテル建物の1階に「朴槿恵下野ビッグイベント(BIG EVENT)下野当日全室無料」という立看板を掲げた。朴大統領が下野すれば、その日当日は客室料金を無料にするという意味だ。

ホテル側は「言論への広報目的ではない」として取材を丁重に断ったが、SNSとオンライン コミュニティを通じて、この事実に接したインターネットユーザーは「光復節のように作ろう」など歓呼を送っている。ある者は「他のホテルは何をしている」と他のホテルの参加を促すこともした。

これだけでない。 釜山地域歴代最多キャンドルの人波が殺到した19日には、市内にある居酒屋のLED広告看板に「これが国か、直ちに退陣」という文面が登場した。

また時局大行進過程では、キャンドルを持った市民にミネラルウォーターを分けてやるカフェもあった。コーヒーショップの職員はこの日8時50分頃、10余万の市民が行進を始めるとすぐにミネラルウォーター数百本を持ち出して分けてやった。これらは「朴槿恵退陣しろ」「直ちに下野」などの横幕とプラカードを持って行進するデモ隊に直接ミネラルウォーターを渡して応援を表示した。

ミネラルウォーターをもらった「朴槿恵退陣釜山運動本部」の関係者は「87年6月抗争当時を思い出す」と感動を表現した。

蔚山にある料理店では去る3日、大統領の下野のような格別の措置が出る時まで酒を原価で販売するという垂れ幕を掲げた。そして「蔚山市民の皆さん頑張ってください。酒でも安く飲んでください。無料で差しあげたいが、家に生活費を入れなければならないので焼酎・ビールを原価で差しあげる」と表し、店主は「仕事を止めてキャンドル集会に行く時間がない私としては、この方法が最善のデモ」と強調した。

キャンドル集会に参加することができなかった食堂を運営する店主は「申し訳ない」とし、「大統領下野日から3日間、焼酎を無制限に無料提供する」という垂れ幕を掲げた。 大田市あるこの店の主人は垂れ幕を通じて「夜に商売するので、キャンドル集会に参加をできなくて本当に申し訳ありません。身分は違うが公正に生きられたらうれしいです」という心境を伝え、垂れ幕終わりには「大統領府、国家情報院、検察幹部の立ち入りはお断り」という才覚がある文面も含まれた。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

民心に逆らった朴槿恵 全国200万のキャンドルに火をつけた

【民衆の声 2016/11/17】

去る12日、朴槿恵大統領退陣を促す1012080024_40万キャンドル続き、来る19日第4次汎国民行動では全国で最大200万人の国民が街頭に出ると展望される。

朴大統領が100万キャンドルの退陣要求にもかかわらず16日、検察の調査に応じないという反撃に出て、怒った民心に油をかけた。

主催側によれば朴槿恵大統領退陣を促す時局大会は、全国100ヶ市・郡・区で同時多発的に進行される。共に民主党と国民の党など野党も全国で党員大会を開催する。

全国的に最も多い人が参加する所はソウルだ。最大50万人以上が参加すると予想されるソウルでは午後6時の本集会に先立ち、午後2時から「朴槿恵退陣ソウル市民大行進」が東西南北方向から同時に進行され、午後4時から4・16連帯が主管する「朴槿恵7時間時局講演会」が開かれる。午後7時30分からは大統領府に向かう行進を行う。

朴槿恵政権退陣非常国民行によれば、大田・光州・大邱・釜山など全国の主な広域都市のキャンドル集会にそれぞれ最大10万人余り、全国を全てを合わせ最大100万人余りの国民が参加すると予想される。

共に民主党のキ・ドンミン院内代弁人は17日、書面を通じて今週末「全国単位の党員大会が開催される予定」と明らかにした。キ代弁人は「今週末も総力を尽くして朴槿恵退陣闘争に党の力を集中することにした」とし、「18日午後4時には、光化門世宗文化会館前で“朴槿恵大統領退陣 国民主権運動本部発隊式”に積極的に参加する一方、19日午後2時には、各市・道党別に朴槿恵大統領退陣党員集会を開催する」と明らかにした。

国民の党も地域別集会に積極的に参加するという方針だ。とりわけ国民の党の光州市党は19日、光州市内で朴槿恵退陣光州市民運動本部主管で開催されるキャンドル集会に、所属国会議員及び党員たちが大挙参加する計画だと明らかにした。

一方、全国的に大学入学試験を終えた高3学生たちもこの日、キャンドル集会に大挙参加するものと見られる。最近、梨花女子大が崔順実の娘チョン・ユラ氏の裏口入学疑惑などが浮上、21世紀青少年共同体「希望」は17日午後7時に「朴槿恵下野高3集会」を開き、19日当日には青少年時局大会を開く。

退陣行動関係者は「(1週間)広場に出てこようとする市民の熱気を弱化させる要因もなかった」と述べ、「大統領府が国民的な退陣要求を無視して持ちこたえているので、これを容認できないと考える国民の怒りが大きくなっている」と話した。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

闘争本部 今後の国民行動を提案

【民衆の声 2016/11/13】

100万のキャンドルが光化門広場を埋めた汎国民行動が、朴槿恵大統領退陣の時まで継続する予定だ。

民衆総決起闘争本部は13日、公式フェイスブックを通じて「国民と闘って勝った権力はない。より多くのキャンドルで、国民の力で朴槿恵政権を引き下ろそう」とし、前日開かれた第3次汎国民行動と関連した今後の国民行動を提案した。

闘争本部はまず「朴槿恵退陣のキャンドルをより一層拡大することを望む」とし、「今日のこの叫び、熱気を来週には全国の市・郡・区に拡大することを望む」と要請した。

あわせて「100ヶ所以上の市・郡・区でキャンドルを拡大して、今日に続き19日にも100万のキャンドルが集まるよう望む。その時まで朴槿恵が退陣しないならば、もう一度11月26日に全国のキャンドルを持った市民がソウルに結集しよう」と訴えた。

また闘争本部は▲朴槿恵政権退陣署名運動、▲各自の家で垂れ幕をつける、▲毎日キャンドル集会参加など多様な方式で朴槿恵大統領退陣運動に出てほしいと提案した。

最後に闘争本部は「国政壟断、憲政破壊、国民主権侵害など犯罪上の主犯である大統領を、主権者である国民がこれ以上大統領と認定していない」として、「それでも大統領が権力の座で権力を維持しようとすれば、より拡大したキャンドルで、進んで労働者のゼネスト、学生たちの同盟休校など国民の抵抗権をより一層拡大させていく」と警告した。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る