南北体育会談共同声明文(全文)

【統一ニュース 2018/6/18】

南と北は、板門店宣言履行のための高位級会談で合意したのに伴い2018年6月18日、板門店「平和の家」で南北体育会談を進め次の通り合意した。

1 南と北は7月4日を契機にピョンヤンで南北統一バスケット競技を開催することにし、秋にはソウルで開催することにした。今回のピョンヤンでの競技に南側は男女選手団を北側に派遣して、競技は南北選手混合競技と親善競技形式で進めることにした。

2 南と北は、2018年アジア競技大会開・閉会式に共同で入場して、名称はコリア(KOREA)・略語表記はCOR、旗は統一旗、歌はアリランにすることにし、一部種目で単一チームを構成して参加することにした。このために南と北はアジアオリンピック評議会をはじめ種目別国際体育機構と提起される問題を協議していくことにした。

3 南と北は、2018年障がい者アジア競技大会をはじめ国際競技に共同で参加し、南と北が開催する国際競技にも参加して、種目別合同練習及び競技など南北間の体育協力と交流を活性化していくことにした。

4 南と北は、南北統一バスケット競技、2018年アジア競技大会共同参加をはじめ体育分野で提起される実務的問題を文書交換方式で継続して協議していくことにした。

2018年6月18日

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

「胸が張り裂けるそうだ。統一チームを熱烈に応援する」

【統一ニュース 2018/2/10】

2018平昌冬季オリンピックが開幕した中、今回の平昌オリンピックを輝かせるもう一つの特別な行事が10日、江陵ファン・ヨンジョ記念体育館で開催された。

女子アイスホッケー南北統一チームの試合が行われる10日夕方9時10分から、江陵市ファン・ヨンジョ記念体育館で、2018平昌オリンピック南北共同応援団が大型スクリーンを設置して共同応援を行った。

先立ってこの日午後4時からは、南北共同応援と民族和合ハンマダン」を開催して、全国から集まった6・15南側委員会共同応援団と100人余りの在日朝鮮人総連合会応援団をはじめ6・15海外側委員会共同応援団まで2500人余りの国内外同胞が席を一緒にして、南北共同応援団を発足させた。

午後9時10分試合中継が始まった後、さほど経過せず今回の大会で初めて韓国に金メダル選手の男子ショートトラック1500メートル決勝中継の関係で途中中継が中断したが、体育館の中は「私たちは一つだ」の応援熱気でいっぱいだった。

文在寅大統領とスイス大統領、IOC位員長、そして金永南北朝鮮最高人民会議常任委員長と金与正党第1部部長をはじめ北側高位級代表団が試合を観戦している中、点差が6-0まで広がったが、南北共同応援団は勝敗はすでに後まわしだった。

この日、イ・チャンボク6・15南側委員会常任代表議長は「今日、南北海外が共にする共同応援は民族の和解のために熱い血縁の心を抱き、韓半島の平和と統一を確かめる席になる。当局は当局のとおり、民間は民間のとおり、民族の団結のために役割をしていこう」と南北共同応援の意味を語った。

6・15海外側委員会副委員長であるシン・ピリョン米国委員会代表委員長は、海外同胞応援団を代表した挨拶で「昨日、開幕式で南北の選手たちが高い階段を一歩一歩今後上がる姿を見て、胸が張り裂けそうだった。私たち民族同士の精神により、民族共同の利益を大切にする6・15宣言、10・4宣言の力を熱く信じることになった」と明らかにした。

在日朝青たちは映像で「皆同じく力を合わせ、統一朝鮮の力を振り切ろう」というメッセージを伝え、在日韓青・学生協の代表は舞台に上がって「今回の統一チーム共同応援が同じ民族として生きていく力を集中している。私たち民族の新しい時代が開かれると確信する」と抱負を明らかにした。

この日、南北共同応援団は、今回の平昌オリンピックが名実ともに平和、統一オリンピックになるよう北側選手を熱く歓迎するという内容の宣言文を共に朗読した。

これらは宣言文で「私たちはオリンピックを契機に、新年から始まった南北和解・協力が継続的に進むよう、今後実践と行動を惜しまない。南北和解と協力を遮る諸般動きに対して、平和と統一を念願する各界各層と民族の力でこれを解決していく」と明らかにした。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

南北 馬息嶺で1泊2日 スキー共同練習始まる

【聯合ニュース 2018/1/31】

韓国、北朝鮮のスキー選手たちが、北朝鮮の馬息嶺スキー場で31日から1泊2日間共同練習を進める。

ペク・テヒョン統一部報道官はこの日、定例会見で「今日、統一部イ・ジュテ局長を団長にする私たちの代表団45人が、北側馬息嶺スキー場南北スキー選手共同練習参加のために北朝鮮を訪問する」と明らかにした。

代表団を乗せたアシアナ航空チャーター機は午前10時40分頃出発して、元山カルマ空港へ向かった。今後、陸路を通じて馬息嶺スキー場に移動する予定だ。

代表団は、共同練習に参加するクロスカントリースキー選手12人をはじめ選手団31人と支援メンバー、共同取材団などで構成された。

南北スキー選手たちは初日、自由にスキーをした後、翌日共同練習と親善競技などを進める予定だ。韓国の選手たちはオリンピックに出場する国家代表ではないが、北側では平昌オリンピックに参加する選手たちも練習に参加する。

ペク報道官は「(帰還時)北側選手団が同乗して訪韓する予定で、北朝鮮選手団はアルペンスキー、クロスカントリーなどの選手と役員で構成されると理解している」と話した。

チャーター機を利用した北朝鮮訪問は、米国との協議によってこの日早朝最終的に確定した。ペク報道官は「航空機運航と関連して、航空会社との実務協議などの内部的調整を行う側面があった。その次に米国と対北制裁と関連して論議が発生しないよう調整する部分もあった」と話した。

彼は「(制裁と関連して)米国の憂慮もあったし、航空会社の憂慮もあった。今、そのような憂慮と問題がないよう準備ができたし、協議が完了した状況」と明らかにした。あわせて「今回の飛行機に限り、制裁に抵触しないよう協議になったことと理解すれば良い」と語った。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

両大労総 アイスホッケー統一応援団 発足

【民プラス 2017/3/29】

民主労総と韓国労総が4月2日~8日まで江原道江陵市で開かれる「2017年世界アイスホッケー女子選手権大会」に参加する南北選手たちのために29日、労働者統一応援団を発足した。

両大労総はこの日、光化門政府庁舎前で記者会見を開き「民間交流が中断されて、開城工業団地を閉鎖して南北関係が最悪である条件で、北側選手団が江陵に来るのを心より歓迎する」としながら、「今回の大会を契機にサード配備、韓米合同軍事演習など尖鋭な対決を終わらせて、平和と対話の道を模索しよう」と訴えた。

一方、両大労総は今年7月、ソウルで「南北労働者統一サッカー大会」を持つことに北側と合意した状態だ。 両大労総は今回発足した労働者統一応援団がサッカー大会成功の基礎になるように願うと付け加えた。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

6・15南側委員会声明「開城工業団地全面中断 即時撤回」促す

【統一ニュース 2016/2/11】

6・15南側委員会は政府の開城工業団地全面中断方針に対して声明を発表、直ちに撤回を促した。

6・15南側委員会は声明で「私たちは非理性的敵対感情と政権崩壊の強迫に捕われ、南北間全ての交流協力を断絶させた朴槿恵政権の反歴史的措置を強力に糾弾し、開城工業団地中断方針の撤回を強力に促す」と明らかにした。

特に「日常的な貿易関係や人道支援まで核開発費用として利用されてはならないという主張は、北の全ての社会経済的対外関係を遮断し、圧迫して崩壊させようという主張と違わない」とし、「開城工業団地に現物で投資された金額まで核兵器の高度化に使われたと主張するのは、最小限の理性と合理性まで喪失した“扇動政治”の極限状態だ」と強力に糾弾した。

声明では「開城工業団地中断は北ではなく、南側企業の苦痛だけを加重させる自害行為だけでなく、ユーラシアプロジェクトをはじめ北方経済での活路も自ら遮断させ、自ら失敗を招く手法」として、「わが政府は失敗した制裁政策の代わりに、先導的に対話と交渉の雰囲気を作り、平和協定締結と非核化のための努力という政策基調に全面転換しなければならない」と要求した。

6・15南側委員会はこの日、声明に続く後続の行動について議論中で、当初2月に予定された6・15民族共同委員会共同委員長団会議を3月中旬頃に遅らせて推進する予定だと伝えられた。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る