3・1運動100周年を迎え 韓統連関係者10余年ぶりに入国

【統一ニュース 2019/2/20】

3・1運動100年を迎えて海外民主統一人士がソウルを訪問する。特に、在日韓国民主統一連合(韓統連)関係者50人余りが入国する予定だ。

海外民主統一人士帰国推進委員会と6・15南側委員会は20日、「キャンドル抗争と4・27統一時代を迎えて、海外民主統一人士が3・1運動100周年に合わせて母国を訪問する」と明らかにした。

母国訪問団は6・15海外側委員会、6・15米国委員会、6・15欧州委員会などで活動する人士で、ほとんどが朴正煕政権時代から入国が不許可になり、金大中政権、盧武鉉政権時代に一時的に訪問したことがある。

特に、政府から反国家団体に規定された在日韓国民主統一連合(韓統連)関係者50人余りが10余年ぶりに母国を訪問する。

母国訪問団は2月28日、ソウル市内にある女性プラザで公式歓迎晩餐に参加し、3月1日には、ソウル光化門広場で開かれる3・1 100年汎国民大会などに参加する。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

全民族的な南北共同宣言履行運動を行おう

【統一ニュース 2019/2/13】

「板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言発表1周年、開天節などをはじめ南北が共に意義ある日々に民族共同行事、部門別、階層別共同会合を盛大に記念して、民族的和解と統一の大きな水の流れが南北三千里に流れるようにしよう」

南北関係と朝米関係が前例なしに進展している中、南北海外民間団体代表団が12-13日金剛山で11年ぶりに大規模共同行事を開き、南北共同宣言履行を再確認して、このように明らかにした。

「南北共同宣言履行のための2019新年共同行事推進委員会」は12日、金剛山オンジョン閣文化会館で「2019年新年連帯の集い」を開催して「8千万民族に送るアピール文」を採択した。

南側は共同団長である李チャンボク6・15南側委員会常任代表議長をはじめ251人の代表団などが参加、北側は共同団長であるキム・ヨンデ民族和解協議会会長をはじめ代表団など200人余りが参加、海外側は孫亨根6・15海外側委員会委員長など15人が参加した。

参席者は共同アピール文を通じて▲南北首脳が開く新しい南北関係発展を積極的に支持し、新しい平和・繁栄の時代を共に力いっぱい開こう。▲歴史的な板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言を履行するための運動を、南北海外で積極的に繰り広げよう。▲南北間の協力と交流を全面的に活性化して、民族の共同繁栄を成し遂げよう。▲全ての同胞の知恵を合わせ平和と統一の望ましい方向を模索し、これを実現するために真剣に努力していこうと訴えた。

特に4月27日から9月19日までを「板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言履行のための活動期間」と定め、「全民族的な宣言履行運動を積極的に繰り広げよう」と訴え、具体的に板門店宣言とピョンヤン共同宣言1周年と開天節と定めた。

最小限、今年3回南北を往来する大規模共同行事が予想されるが、南側が提案した3・1節100周年共同行事は含まれなかった。

李チャンボク6・15南側委員会常任代表議長は祝賀演説で「南側では宗教界をはじめ各界各層代表、そして地方自治体と与野政党の議員と代表、そして経済人が席を共にして下さった。統一の主人である全ての同胞がより一層堅く手を握り、多方面の交流と協力、行動をより一層拡大・発展させていこう」と訴えた。

孫亨根6・15海外側委員会委員長は祝賀演説で「私たち海外代表も新年の集いの重要性を大事にして遠く異国の地、大陸を越えて海を渡って金剛山に駆けつけた。歴史清算に背を向けて軍事大国化と戦争の道に突進している安倍政権に対して、民族共同の力で断固として警告をしなければならない」と話すとともに、「早く金剛山観光と開城工業団地が再開になるよう声を高めなければならない。平和の流れに逆行する軍事的敵対行為が中止されるようにしなければならない。南北海外8千万民族が鋼鉄のように堅く団結し、統一運動を推進するならば、その誰も私たちの前を遮ることはできない」と訴えた。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

金剛山「南北共同宣言履行のための2019新年連帯の集い」主要構想を発表

【統一ニュース 2019/1/31】

2月12~13日、金剛山で開かれる「南北共同宣言履行のための2019新年連帯のつどい」に7大宗団代表が全員参加して6・15南側委員会・市民社会団体・進歩連帯・民和協を網羅する各界人士が共にする。

「2019新年連帯の集い推進委員会」は30日、ソウル韓国プレスセンターで記者会見を開き、共同行事全般に関する構想を明らかにした。

ヤン・トクチャン推進委共同執行委員長は南側代表団は210人で、記者団・執行部などを含む260人が北朝鮮を訪問する予定だと明らかにした。北側代表団(100人内外推定)と海外側代表団15人を含めれば合計400人余りになると明らかにした。

南側代表団は12日午前6時にソウルを出発して、正午頃に金剛山に到着、南北海外共同団長昼食会を開く予定だ。引き続き「2019新年連帯のつどい」を金剛山ホテルで開き、6・15民族共同委員会委員長団会議と南北民和協の出会い、宗教界の出会いなど各部門別の出会いを進めた後、晩餐で初日日程を終える。

2日目の13日は午前中に行事を行い、午後3時頃に金剛山を出発して帰ってくる予定だ。

記者会見参加者は「国民の皆様に送る文」を通じて「政府主導の対話と協力だけで韓半島が直面している問題を解決することはできない。多様な経済協力と社会文化交流ができる出口を開かなければならない。金剛山で開催される南北海外の新年の集いが、その突破口になることを期待する」と強調した。

推進委は初日、南北海外共同代表団長会議を開催して、南北共同宣言履行方案と今年民間交流事業計画などを協議することを希望しており、各部門別の出会いを通じて部門別交流協力議論を継続するという構想だ。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

南北 ピョンヤンで10・4共同行事開催

【聯合ニュース 2018/10/5】

南北は5日、ピョンヤンで10・4宣言11周年記念共同行事を開き、板門店宣言とピョンヤン共同宣言を徹底的に履行していくことに志を同じくした。

盧武鉉元大統領と金正日国防委員長が2007年10・4宣言に合意して以降、南北が共同行事で記念するのは初めてだ。

南側では「盧武鉉財団」理事長資格で北朝鮮を訪問した共に民主党の李ヘチャン代表と趙明均統一部長官、国会及び市民団体代表など160人が参加した。

この日の行事で南北・海外参加者は、板門店宣言とピョンヤン共同宣言を徹底的に履行していこうという内容の共同アピール文を採択した。

アピール文は「歴史的な板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言は、6・15共同宣言と10・4宣言の輝かしい継承であり、全民族の統一指向と新しい時代のニーズに合うよう画期的な南北関係発展と平和統一の未来を、より早めるための民族共同の新しい統一里程標」と評価した。

あわせて「過去のように、6・15共同宣言と10・4宣言が履行されなかった歴史を繰り返してはいけない。全てが歴史的な板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言を徹底的に履行して、世界に誇れる平和と繁栄、統一の新しい歴史を書いていかなければならない」と強調した。

アピール文はまた「私たち民族の運命は、私たち自ら決める新しい平和と繁栄の時代を継続して前進させ、新しい歴史を広げていかなければならない。この土地から戦争の危険を完全に終息させ、私たちの領土を核兵器と核脅威のない、平和の根拠地に作らなければならない」と力説した。

南北間は多方面的協力と交流・接触・往来の活性化を通じて、民族の共同繁栄を成し遂げなければならないという内容もアピール文に含まれた。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

韓日軍事情報保護協定は 日本の祖国再侵略の第一歩

【統一ニュース 2018/8/15】

光復73周年を迎えて、戦争反対平和実現国民行動など市民社会団体は15日、ソウル市内にある駐韓日本大使館前で抗議書簡を伝達する「平和の行動」を行い、「韓日軍事協定廃棄」などを促した。

初めての糾弾発言に出たオム・ミギョン民主労総副委員長は「日本の植民地支配の歴史をしっかりと清算し、日本が真の謝罪を行うまで、8・15を決して解放の日だと呼ばず、闘争の日と記憶するだろう」と話した。

8・15を契機に祖国を訪問した、在日韓国青年同盟の宋東起東京本部委員長は「私たち在日韓国青年同盟は、祖国の自主的平和統一のために闘争してきた在日同胞青年団体です」と紹介し、「韓日軍事情報保護協定は、日本による祖国再侵略の第一歩だと考える。日本に住む私たち在日同胞は、韓日軍事情報保護協定に徹底的に反対する」と明らかにした。

また宋委員長は「祖国を再侵略しようとする日本と、今、祖国を支配している米国と共に韓米日軍事同盟を強化するのではなく、私たち民族同士の精神で、韓半島の平和を成し遂げなければならない。韓日軍事情報保護協定廃棄、韓米日軍事同盟解体、板門店宣言を実践して、韓半島の平和と統一のために闘争していく」と訴えた。

参加者は「日本に植民地支配への謝罪を要求して、韓日軍事協定廃棄を促す抗議書簡」を通じて「もう日本との軍事協力を終わらせなければならない」と強調した。

記者会見を終えた参加者は、抗議書簡に各自の名前を書き、日本大使館に提出しようとしたが、警察に阻止された。しかし、参加者は日本大使館と警察を糾弾するスローガンを叫び、一部参加者は日本大使館建物の入口に抗議書簡を貼ったりもした。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る