東京でトランプ訪日・訪韓NO!侵略戦争NO!

【民プラス 2017/11/6】

韓半島の戦争危機を煽っているトランプ統領の訪日・訪韓に先立ち4日、東京で韓統連など在日同胞団体と日韓民衆連帯全国ネットワークなど日本人団体代表が共に「戦争準備のためのトランプ訪韓・訪日NO!侵略戦争NO!キャンドルデモ」を行った。

新宿駅前に集まった参加者はキャンドルデモに先立ち集会を持ち、トランプ訪韓・訪日反対、侵略戦争反対、対北朝鮮圧迫政策反対の決意を確認した。

先に、孫亨根韓統連中央本部議長が「戦争反対、平和実現のために力を集めよう」と挨拶したのに続き、渡辺健樹日韓民衆連帯共同代表が「韓半島と東アジアの平和を要求する共同声明」を朗読した。

在日同胞団体と日本人団体など110団体は共同声明で「日本の言論では“北朝鮮の威嚇”を扇動しているが、これは誤った見解だ。米国が大規模軍事演習で持続的な軍事脅威を加え、圧迫を加えて北朝鮮を核とミサイル開発へ向かうようにした」と指摘して、平和協定締結で問題を解決することを主張した。

あわせて「安倍総理は“全てのオプションはテーブルの上にある”というトランプ発言に支持を表明したが、軍事的行動に対する支持を表明したこれは明白な憲法9条違反」と批判した。

日本政府に対しては「朝日ピョンヤン宣言」のもと、対北敵対政策を転換してトランプ大統領に北朝鮮との対話と平和協定締結を促すことを要請した。続いて、トランプ大統領訪韓・訪日反対などを主張する韓統連の抗議文が朗読された。

この日、キャンドルデモ参加者は、新宿一帯で1時間余りの「訪韓・訪日反対」「対北朝鮮制裁圧迫中止」「平和協定締結」を叫んで行進した。抗議文と共同声明は、米国大使館と安倍総理官邸に送った。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

在日韓青故国訪問団 12年ぶりに故国の地を踏む

【統一ニュース 2017/8/14】

「光復72周年 韓青故国訪問団です。2005年8・15民族統一祝典に参加して以降、12年ぶりに故国の地を踏むことができるようになり感慨無量です」。

光復72周年を迎えて14日、在日韓国青年同盟故国訪問団は仁川空港で到着声明を発表、「キャンドル革命で文在寅政府が誕生し、私たち韓青は故国の地を再び踏むことができた」と謝意を表した。

しかし、これらは「まだ国家保安法が撤廃されず、多くの先生方の旅券が発給されていない状況が続いている。政府の積弊清算で必ず海外民主統一人士の名誉回復と故国往来が保障されることを信じる」と明らかにした。

また「今回の私たちの訪問が、海外同胞と国内同胞間の民族的絆の強化につながり、全民族の和解と団結に寄与できるならば、これ以上の喜びはない」とした。

在日韓青は、韓国大法院から反国家団体規定を受けた在日韓国民主統一連合(韓統連)の会員団体であり、今回の訪問団は、8・15汎国民平和行動などが主催する光復節72周年記念行事などに参加する予定だ。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る